• STANRIDGE CYCLES

    Adam Eldridgeが2009年アメリカ、オハイオ州、コロンバスで設立したSTANRIDGE CYCLES。多くのインスピレーションを競輪などのレースシーンから受けた彼はスピードを追求したレーススペックバイクを得意とする数少ない存在。2017年からは拠点をケンタッキー州に移し日々、ライダーの為にフレームを作り続けています。近年では自身のSTANRIDGE以外にもバッチ生産のフレームカンパニーWRAITH FABRICATIONの主催としてもアメリカ国内で知られています。

  • ORDER PROCESS

    ※現在オーダーは受け付けておりませんオーダー再開は2020年秋を予定しております。

    1

    ご連絡方法

    本ホームページお問合せもしくは

    京都サイクルガーデンか東京はEFFECTまでお問い合わせください。


     

    2

    モデル、素材決定

    現在取り扱っている車種はロードバイク、シクロクロス、ピストなどがメインになりますが特殊な形状、モデルにも対応できますのでご要望をお伝えください。素材に関してはColumbusをメインに各種そろえておりますのでお客様のライディングスタイルに合わせてお選びいただくかビルダーの方でお客様の乗り方に合わせたチューブチョイスをいたします。

    3

    サイズ決定

    サイズはすべてカスタムジオメトリーで承っております(アップチャージ無し)お客様の希望をぶつけていただければご提案させていただきます。

    4

    デザイン

    お客様のイメージもしくはデザイン指示を頂ければイラストレーターでデザイン、カラーシュミレーションをお出ししますので納得いくまでシュミレーションいただく事ができます。

    5

    金額決定

    上記の項目すべてが確定したところでお見積りをお出しさせていただきます。おおよその目安になりますがリムブレーキ仕様のロードバイク1色塗りでおおよそ35万前後になります。(金額は国際送料別で諸費用は含まれています。)仕様、金額に問題がなければトータル金額の50%がデポジットになります。デポジットお支払い後のキャンセルに関しては返金等は出来かねますのでご了承ください。

    6

    納期

    オーダーを頂く時期により前後いたしますがビルダーが溶接からペイントまですべて1人で制作していますので平均で10か月ぐらいとなります。

    7

    完成後の流れ

    完成いたしましたらご連絡さしあげますので残金の入金確認後、本国より発送させていただきます。

    発送後のトラブルを減らすために日本で一度、検品してからお客様にはお送りさせていただいております。

     

All Posts
×